2020年2月9日日曜日

ブログ新しく開設しました!

新しいブログのアドレスはこちらです。
音楽や演奏、楽器の話などを書いています。
ご興味ある方はお立ち寄りください!

アメブロ『MIHO Cantabile』

2020年1月27日月曜日

バッハ『イタリア協奏曲』

YouTubeにバッハの『イタリア協奏曲 第3楽章』をアップしました。



この曲はあらゆるチェンバロ奏者、そしてピアニストに愛されている名曲です。
奏者によって曲の表情が変わるのも魅力の一つで、最近では鍵盤楽器だけでなく、YouTubeで弦楽器の四重奏や管楽器の四重奏で演奏しているのを聴くことができます。


弾いていても楽しいのですが、16分音符が絶え間なく羅列しながら時折音域が飛んだり、右手と左手がそれぞれ違う難しい動きを同時にしていたり、なかなかスリリングです。

1楽章と2楽章も良い曲なので、またそのうちにアップしたいなと思っています。
まずは明るく活発な3楽章を、ぜひお聴きください!




2020年1月19日日曜日

菅田将暉『まちがいさがし』

YouTubeに菅田将暉の『まちがいさがし』をアップしました。
米津玄師が「菅田将暉の声が最大限に発揮できる曲を」と作った曲で、何より「歌」が活きる作りになっています。

なので今回は歌の持つ「まっすぐな」雰囲気を残しつつ、ピアノの音色やハーモニーも楽しめるアレンジにしてみました。






私が初めて好きになったJ-POPはチェッカーズで、その頃の歌謡曲の類はレコードとカセットでの流通が全盛期でした。
小学生の頃、ピアノのレッスンに通う電車の中でカセットのウォークマンを聴いて口ずさんでいたっけ。。
(中学生になる頃にはCDが急激にシェアを広げて、あっという間に天下を取った印象が残っている)

中学校では音楽の授業前の休み時間、ピアノでプリンセスプリンセスの『M』とか渡辺美里や大江千里、その頃のヒット曲を弾いて友達と歌ってました。
音楽室で弾いていると、音楽の先生が飛び込んできて「何やってんだ〜!」って。
先生から「なんでお前は弾くんだよ!」って言われて「そこにピアノがあるから!(山があるから的な...)」って言い訳しながら逃げてたなぁ。。

それでいて、音楽の授業中に先生が何か迷うと私のところにきて、小声で「これ何の音だっけ?」って聞いたり、そんなことに皆が笑って大喜びだった。

先生はトロンボーンが専門の男の先生で、梶原先生。今でもよく覚えている。先生お元気だといいな。先生、今も同じようにピアノ弾いてます!



2020年1月12日日曜日

ドビュッシー 『月の光』

YouTubeに新しい動画、ドビュッシーの『月の光』をアップしました。
この曲は、繊細な響きとダイナミックな構成が魅力です。

今回は、NHK名曲アルバムふうの字幕解説を付けてみました。
ぜひご覧ください!





余談。。
喉が弱いのか何なのか冬は喉を痛めやすいので、すごく気を遣う。
それで最近知ったのが、プロポリスキャンディというのど飴。
飴の包み紙を開くと、弦楽器の弓につける松ヤニそっくりの色と質感、そして松ヤニの匂い。。
食べ物なの?と思いながらおっかなびっくり口に入れると、うわさ通りの喉にピリピリ痛が。

食べ終わってしばらくすると、喉の不調が何となく消えてるような?の繰り返し。
このキャンディーのおかげで喉かぜをひかないのか、たまたまなのか分からないけれど、悪くはなさそうかな。


いや、懐かしい味はしないんだな。
だって、けっこう強烈な味なんだな。。


なんか、イマイチあやしいと思ってしまうのだった。。





2020年1月5日日曜日

Official髭男dism『宿命』

12月はあんなに暖かで「やった〜暖冬だ〜」と思っていたのですが、いよいよ寒くなってきました。。


YouTubeに、Official髭男dismの『宿命』をアップしました。
『白日』の時はリズム重視で、今回の『宿命』はピアノの音色が生きるようなアレンジにしてみました。
最近、これらの楽譜をソフトで作成して公開できたらいいのにな〜と思ったりしています。


『宿命』本当にいい曲ですよね。。
公式の吹奏楽バージョンも青春の音がして大好きです。
熱闘甲子園の「大エンディング」なんて、涙なしで見られません〜 ; ;

2020年1月2日木曜日

新年あけましておめでとうございます。

GoProというカメラを調べていたら、
おバカな動画を見つけた。。
その名も『Chicken Sonata』


ニワトリの奏でるメロディーに、とっても癒されました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!




ブログ新しく開設しました!

新しいブログのアドレスはこちらです。 音楽や演奏、楽器の話などを書いています。 ご興味ある方はお立ち寄りください! アメブロ『MIHO Cantabile』